胸を大きくするには

三大栄養素で胸を大きく

10%の乳腺と90%の脂肪で胸は作られているのだそうです。人間が生きていくのにかかせない三大栄養素は、胸を大きくするためにも必要不可欠である三大栄養素であることは考えてみれば当然のことだといえるでしょう。三大栄養素とはたんぱく質、糖質、脂質になります。胸の90%が脂肪ですが糖質や脂質はその胸の脂肪をつけるのにかかせない栄養素となることはよくわかります。体全体に脂肪がついているタイプの女性、いわゆる肥満やその傾向にある女性の場合、大体の場合において胸も大きく育っているものではないでしょうか。このことから脂質や糖質は胸を大きくするには欠かせない栄養素であることがよくわかりますが、多くの場合女性は胸は大きくしたいけれど太りたくはないという希望をもっています。ただ単に太るだけならば脂質や糖質をふんだんに心置きなく摂取すればよいのですが、それで胸を大きくすることができても目標とはかなりことなった着地点になってしまいます。そこでたんぱく質の働きですがたんぱく質は胸を構成する10%の乳腺を発達させる働きをします。乳腺が発達することにより胸にふっくらと脂肪をつけることができますので、肥満にならずに胸を大きくしたいという場合にはタンパク質は非常に重要なのだそうです。まただからといってタンパク質のみを積極的に摂取する、というのではなく脂質や糖質もバランスよく摂取することで女性らしいからだをつくることができますので、偏りなく取り入れることが重要です。

胸が大きくなるまで続けたいこと

豊胸手術などの特別な胸を大きくする方法を選択する人、またはできる人は限られた人でしょう。胸を大きくしたいから、まず美容整形しようと考える人は実は少ないものです。まず胸を大きくしたいのであれば自分でできる方法を取り入れて実践してみるという人が実際には多いものです。自分でできる胸を大きくする方法はいろいろなところで紹介されていますが、たとえばツボ押しなどを取り入れている人も少なくありません。でん中といわれる胸と胸の間、中心にあるツボは胸を大きくするツボとして代表的なツボとなっています。もちろんツボ押しでは豊胸手術のように即効性と確実性がある手段とは言えませんが、費用をかけずに胸を大きくすることができる、また自分ひとりでも取り組めて、どこでも手軽に行える手段として習慣化することができるというメリットがあります。そのほか、ツボ押しほどの手軽さはありませんが、毎日の習慣として胸を大きくするためにできることの中には、マッサージや大胸筋の筋肉トレーニングも代表的なものでしょう。たとえばマッサージであれば毎日のお風呂タイムに取り入れることで習慣化することができますし、筋力トレーニングはお風呂後のストレッチとあわせて行うことができます。

 

参考:バストアップサプリ